沼の境地

主にポケモン関連の事を記事にする予定です。特に決まった趣旨はないので趣味の範疇でやってるものと理解してください。

ポケ勢式イキリオタク(メンタル弱者)のイキリ方

 

 

※一応真面目に記事タイトル通りの内容にする予定です。

※無駄に長い自己満足の自分語りなので暇な方のみお読みください。

 

 

初めましての方は初めまして。そうでない方はお久しぶりです。メンタル弱者ポケモンエンジョイ勢の咲雪という者です。

 

 

 最近リアルが上手くいかないことが多く、ストレスが溜まるばかりで非常に萎えてるので愚痴記事にしようかと思ったのですが今週から冬休み且つクリスマス前ということもあり自身の生きるモチベーションの上昇の為に全力で自分語をしつつイキっていこうと思いました。

 

 

 

正直アンチとかも湧くと思いますし、確実に湧くと思いますが、正直毎回記事書いててもコメントが無いのが寂しいのでアンチコメントは歓迎します。返信は面倒なので多分しませんが、見て楽しむのでバンバンしてください。ブロックもミュートも好きにしてくださって大丈夫です。

 

 

 

要するに

 

ポケ勢式彼女の作り方

の続編ですね。

 

 

 

但し、コメントをするならこの記事のコメント欄にお願いします。わざわざRTしてから感想をツイートしなくていいです。もし、ツイートしていたらこんな感じになります。

 

 

「キッツ」

→分かります。

 

「こんなんばっか書くからポケ勢は(ry」

→ごめんなさい、乗っかってクソ記事書いてください。

 

「死ね」

→誹謗中傷報告&ブロック

 

「その他煽り系」

→煽るならこの記事にコメントしてくださいと言ってます。ちゃんと読んでない癖にそれはおかしい。読んだ上でそうしてるなら陰キャです。要するに私と同類ですね。

 

 

 

 

と、いった感じで無駄に長い前語りになりましたがここからが本編となります。クソ記事って真面目に書くと長くなるんです、分かってください、お願いします。

 

 

冒頭に書いた通り、私は近頃上手くいっていないことが数多と思える程多いです。その中でも、特に萎えた事が本日2017/12/19に受けた薬理学の試験なのですがほぼ確実に再試験となってしまったことです。

 

 

記憶に新しいものに、今まであまりの再試験の多さに呼び出しを貰ってしまい、

 

 

 

『もう、再試験は受けません』

 

 

 

と誓ったものがあります。

そのすぐそばからこうなった訳です。非常に萎えました。もうTLに不穏やエロ画像が流れ続けてもまったく咲雪のさゆきが反応しないくらいには萎えました。更に萎えた理由の上乗せとして

 

先日、この薬理学の試験勉強をしていた結果講義中に睡魔に襲われながらも必死にメモをとっていたのですが寝ていると勘違いされ今週末に「また」呼び出しをくらい、教師が自身の意見を押し付け気持ちよくなる面接タイム

 

が始まることが決まっていることや

 

その面接後に行きたくもないクラスの飲み会がある事が挙げられます。…何故他のクラスには飲み会等ないのに1番クラス平均の成績が悪いと言われている私のクラスのみが飲み会があるのでしょうか。非常に萎えポイントが高いです。

 

その他どうでもいいけどなんとなくストレスである事に看護学部なのに学年を通じて可愛い子が極端に少ないことや、同じ男性の同級生の平均年齢が30付近であることです。しかも、ある程度仲良く話せる人がそのおっさん達くらいしかいないことにも萎えてます。

 

 

 

ここまでで、この記事を読んでいる方々は

 

「飲み会はともかく他は自業自得じゃねえか」

 

こう思ったのではないでしょうか。

 

私も、第3者視点から見ればそう思います。

 

 

 

 

 

 

しかし、現在、こうなってしまったのには多少なりとも原因はあります。読んでもまぁ、それでも私が悪いと思う方は多いと思われますが私の私による私の為の言い訳ですので何卒ご了承下さい。

 

 

大分前の記事にはなるのですが、私は過去にこういった記事を書いたことがあります。

 

 ↓

 http://sayuki0320.hatenablog.jp/entry/2016/08/13/124427

 

 

 

ここ数ヶ月で7世代イーブイ使いという形で私を知った方は多いと思いますので、知らなかった方も多いと思います。

 

 

さて、この記事にある通り私は去年の8月にメンタル弱者なのでストレスにより記憶喪失になってしまったわけです。そう、

 

『今の面倒は全てここから始まった』

 

と言っても過言ではありません。多分。

 

 

ここからは簡単に記憶喪失になる原因から現在までの経緯を語りたいと思います。

 

つまり、

 

ここから全力でイキっていくわけですね。

 

 

準備はいいですか?

 

 

…私はあまりこの事を人に全て語ったことがないのでとても緊張しています。心臓バックバクです。

 

コミュ障式解説をすると名簿を呼ばれる時に「はい!」と声を出す準備をするくらい心臓がバクバクしています。分かりませんか?…そうですか。

 

 

まず、記憶喪失になった原因から話していきます。

 

 

記憶喪失になったきっかけはストレス過多の状態でベッドから落ち、頭を打つことでなりましたわけですがそのストレスの原因ですね。

 

 

私には、ロシア人と日本人のハーフである美少女の幼馴染がいました。その子は、元々同じ幼稚園の歳下の子でしたが、金髪ということで虐められその後ずっと引きこもった子でした。詳しい事は聞いたことがありませんでしたが、ストレスによる身体の発達障害のような状態にあり、身長はかなり小さいままでした。私は、その子と大親友でした…が、私が高校3年生の秋、癌により亡くなってしまいました。

 

 

 

その後、しばらくは今の彼女によって精神的に支えられてきたのですが、やはり長年の付き合いのあった幼馴染を失ったショックは大きく、また、新しい生活の疲れもあり、記憶を失ってしまいました。

 

 

……と、こんな感じだったのですが、そのショックは高校1年生の頃、家事ができる+部内に私一人しか男子がいない補正で二人同時に告白され、遠慮なく振り、すぐにただでさえ少なかった同学年の部員が2人いなくなったものより大きかったのだと思います。また、中学の頃に付き合っていた彼女と高校になってから自然消滅したことや、高校2年の頃に付き合った彼女に浮気されたことよりもショックだったとも思います。(ここ下手なイキり方)

 

 

次に、記憶喪失になった結果どうなった結果現在に至ってしまったのかを話したいと思います。

 

 

記憶喪失になった後、まだ1ヶ月程現在通っている学校の前期が残っていたのでとりあえずすることもないので通うことにしました。(記憶喪失になったのは8月の夏休みだったのでその間は彼女作ったりポケモンの映画見たりしてました。)

 

 

そこには、現在の悲しい現実など嘘のような世界がありました。

 

 

記憶にない新たな友人達(主に現役の3人の男性達)は気を使って遊びに行ったり飲みに行ったりしてくれましたし、学校の帰りは家が同じ方角の女の子と仲良く話して帰ったりしていました。また、学年を通じて可愛い子が多かったので毎日目が幸せでした。

 

 

 

初めの方に述べた現状とは大違いです。天国です。

 

 

さて、そんな天国とも1ヶ月でさよならし、その後は来年度の為の学費を稼ぐために半年間バイト漬けの日々を過ごしました。

 

 

そう、つまりイキりのおわりです。

 

 

 

 

そして、問題の今年度です。

 

ここに、一番大きな現在に至る原因があります。

 

 

 

1つ、大まかな問題として

 

 

『記憶のない期間に取得した単位のある科目はもう1度受講することは出来ない』

 

 

…?

 

 

…………………………??

 

 

 

 

訳が分からない。しかし、これは学校側の決まりであり変更はできず、認められないなら転校してくれと言われたのです。

 

この時の私はよく分からずに

 

「へー、なんか知らないけど取れてる単位あるんだラッキー!」

 

等と馬鹿なことを思い、急に始まった半年間のバイトた疲れた身体を嫌かのように前期期間のほとんどをポケモンと少しのバイト、週に1~2のほんの少しの講義で過ごしました。

 

 

 

この事がどういう事かお分かりだろうか?

 

 

大体想像はつくと思いますが、拙い文ではありますが説明させていただきます。

 

 

まず、当たり前だけれども半年もあればほとんどの人はグループを作り始めます。まして、看護はコミュニケーションが必須の場である為あらゆる場面で仲良くなる種が講義などにより、勝手にばら撒かれるのです。

 

 

そんな場の蚊帳の外にいた場合どうなるか?

 

 

 

 

困るのです、ものすごく。めっちゃくちゃ。

 

 

 

先に述べた通り、学校自体がコミュニケーションが必須の場であるので同級生の名前や顔を覚え、多くの人と仲良くすればするほど実習時や、グループワークの際にコミュニケーションを取ることが容易になり、優位になるのです。

 

そんな中。ぼっちになるとどうなるか。

 

 

『死』です。

 

 

グループワークになる度に胃が痛くなり、実習期間になる度にただでさえやる事の多い課題を一人で全てこなす必要が出てくる為ひたすら苦しむのです。当然、期限に間に合わなければ単位を失う為必死です、毎日が巨大な圧力の日々と化すのです。

 

 

 

 

これだけでも辛いのですが、馬鹿への罰はこれだけではすみません。

 

 

『1年生の前期の講義が受けられない。』

 

=「足し算引き算を教えられない。」

 

 

看護に限らず、多くの大学、専門学校等は高校までに得た知識とは全く関連のない専門性のある知識を新たに教わっていく場であると思います。そんな中、基礎の基礎も教わらずに、つまり足し算割り算も習わずに掛け算割り算が行えるだろうか?…普通はとても難しいと思います。

 

 

私はそんな当たり前のことにも気付かず前期を無駄に過ごしてしまったのです。

 

 

再試験が多いというのは、基礎に関連しているものが当然ですがとても多く、付いていけていない。ということです。

 

 

………でもまぁ、普通バイト漬けから解放されて気づけば入ってたような学校で自主学習よろしくって突然言われても勉強する人なんてなかなかいないと思うんですよね。(言い訳)

 

 

そして、現在に至ります。

 

 

上記の通り、現在とても悲惨な状態にありますので必死こいてこれからも頑張りながら合間にポケモンは頑張っていこうと思います。

 

 

 

 

 

さて、これにてくだらない寒い自分語りは終わりなのですがここからは

 

 

メンタル弱者のイキリ方のボイント

 

 

を述べていきたいと思います。

 

タイトル詐欺にはしません、偉いでしょう。

 

 

・メンタル弱者という前提があるのでアンチへの態度を事前に示しておく

→事前に示しておくことで、その通りに自身は動けば良いだけなのでダメージは少なく済むはずです。…まぁ、慰めや応援のコメントがあれば泣くほど嬉しいんですけどね。

 

 

・長文の中に入れ込むことでそこが主体でないかのように誤魔化す

→今回の場合は、イキりは主体でなく寒い自分語りが前提となります。なんとなく誤魔化せてる気がしませんか?

 

 

・メンタル弱者であるということを大きく象徴することで、相手に叩くことを少しでも躊躇わせる

→少しでも優しい人が同情してくれる人になってくれるかも知れません。

 

 

 

以上、ポケ勢式彼女の作り方の続編でした。

個人的にはポケ勢達が恒例のクソ記事作りに

励んでくれると嬉しいなと思います。こんな無駄に長いクソ記事をここまで読んでくださった方には本当に嬉しく思います、ありがとうございました。

 

それでは。