沼の境地

主にポケモン関連の事を記事にする予定です。特に決まった趣旨はないので趣味の範疇でやってるものと理解してください。

【第4回東海シングルフェスタ&S17~使用構築】 愛が足りないポリクチクレセ

先日、第4回東海シングルフェスタに参加させていただきました。
初めての対戦オフの参加でしたが、とても楽しませていただきました。参加者、運営の皆様ありがとうございました。



今回は東海シングルフェスタ及びS17~使用してきた構築を紹介します。
※ちなみに第2回マーシュ大会優勝、マッシュルーム杯準優勝の構築でもあります。



並びはこんな感じです



f:id:sayuki0320:20161107164929p:plain



構築のコンセプト等は各個体の詳細解説の中で書こうと思います。
では、ここからは詳細解説です。



f:id:sayuki0320:20161107165810g:plain

クチート(提供:みゅめろさん)

持ち物:メガストーン

性格:意地っ張り

特性:威嚇→力持ち

実数値(メガ前):155-150-105-※-75-73

技:じゃれつく/※ストーンエッジ/炎の牙/不意打ち

ORASで最も使用回数が多い嫁ポケ兼相棒です。1メガ構築パーティのエースとして入っています。


調整に関しては適当で、H奇数、S同速意識20振り、Aぶっぱにしてある。同速相手は基本4振りか12振りが多いという認識で、相手に50族以下がいた場合は基本上をとっている前提で立ち回っていた。結果的にこの立ち回りは上手くいっていたことが多かったので正解だったと思う。
同じ技構成の個体を見たことがないため、初見殺しの立ち回りができたのも強みであり特にストーンエッジを打った際に後出ししてきたナットレイモロバレルは炎の牙がないことを確信して突っ張ってきたことしかないので何度も狩らせていただいた。
ストーンエッジの採用のきっかけは生主であるおざさんを意識したもので、後述するポリゴン2のトリル展開から繰り出すことにより本来クチートが相手をするには難しいリザードンファイアローの(当てれば)突破が可能となっている。また、トリル展開をせずともHBサンダーやHBボルトロスを確定で落とすことができ、めざめるパワー炎を持っている可能性があるゲッコウガ対面での安定択ともなった。ファイアローに関しては威嚇さえ入れれば鉢巻フレアドライブが乱数となるためほとんどとんぼ返りしかされたことがないし、鬼火を打たれても羽休め状態でない限り火傷状態であっても確定で落とせるので対面でほぼ確実に勝てる。剣の舞や叩き落とすがほしい場面もあったが、トリル後に相手にできるポケモンの範囲がこれ以上ないほど広く個人的に最も使い勝手が良かった。




f:id:sayuki0320:20161107165821g:plain

ポリゴン2(数度個体変更したため最終使用個体記載)

性格:控えめ

持ち物:進化の輝石

特性:DL

実数値:191-※-110-172-115-83

技:トライアタック/目覚めるパワー炎/シャドーボールトリックルーム

エースであるクチートの相方兼特殊アタッカー。調整のS20振りは同じくS20振りのクチートを使っていた際にその立ち回りのしやすさに感動し、そのまま流用した感じになっている。その他はH奇数、Cぶっぱ。
クチートに炎の牙が入っているにも関わらず目覚めるパワーが炎なのは他にハッサムを安定して落とせるポケモンがおらず、クチートを選出し辛いやクチートが落とされた時のケアとして入った。シャドーボールは構築でゲンガーがこれ以上ないほどに重いため必須。実際、東海シングルフェスタ予選では全試合でゲンガーをされたためすごく役立った。また、クチートが剣の舞を持っていないためクレセリアに勝てないので強引にDLでCを上げ突破することも少なくなかった。冷凍ビームや10万ボルト、放電なども候補にあがりましたが冷凍ビームは基本ドラゴンに対して打つためトリル展開後クチートで突破させたり、トライアタックでも十分な打点となるので切り、電気技は体感で特に打ちたい相手がいなかったように感じたので切った。ヒードラン対策に目覚めるパワーを地面にしたこともあったが、Cが上がったじょうたいであればシャドーボールで相手ができたので炎ほどの必要性は感じなかった。とにかくDLでCが上がる相手には積極的に出していた。




f:id:sayuki0320:20161107165754g:plain

クレセリア(数度個体変更したため最終使用個体記載)

持ち物:ゴツゴツメット

性格:図太い

特性:浮遊

実数値:227-※-189-95-150-106(表記は理想値ですがC妥協個体です。)

技:サイコキネシス/月の光/※威張る(電磁波)/三日月の舞

特に語ることのない普通のクレセリア…に、威張るを入れたもの。構築にメタモンを入れる際にどうせなら、というよくわからない理由で入れた。確実に電磁波のほうが使い勝手が良かったし、変更した理由が沼すぎた。クレセリアというポケモン自体使い慣れていないため釣り出しのタイミングなどが下手糞すぎて自殺行為をしたこともしばしば。バシャーモに対する安定した引き先として入れたためサイコキネシスを採用。弱かったのでもうクレセリアで威張るは使いません。




f:id:sayuki0320:20161107165739g:plain

ガブリアス(NNつけ忘れ個体)

持ち物:ラムのみ

性格:陽気

特性:鮫肌

実数値:183-182-115-※-106-169

技:逆鱗/地震/剣の舞/※身代わり

安定して強い大正義主人公。最初は意地鉢巻で使っていたが、ナットレイやガルドにうまいように逆鱗を読まれてしょっちゅう受けられていたため生み出した。ラムを採用した理由はクチートヒードランの対面で鬼火を打たれてもよいためであったが、ゲンガーやクレッフィなどに対面で強気でいられたのはよかった。ラムを持っているガブリアスの個体は少なくはないはずであるが、読まれることはまずなかった。クチート以外が毒毒身代わりのボルトロスに弱かったので詰ませるポケモンとして採用。実際、レートや予選試合でもうまく詰ませることができたので対策ポケとしては十分に優秀だと感じた。また、吹き飛ばしや吠えるを使うカバ、スイクンなどを見かけなくなっていたので環境的にかなり刺さっていたと感じた。岩石封じがほしい場面もなくはなかったが、ポリゴン2クレセリアがいるため切ってもよいと感じた。選出率もそれなり且つ活躍しない試合がほとんどなかったので採用して正解であった。




f:id:sayuki0320:20161107165747g:plain

キノガッサ(NN:♀キノコ)

持ち物:気合いの襷

性格:意地っ張り

特性:テクニシャン

実数値:136-200-100-※-80-122

技:種マシンガン/マッハパンチ/剣の舞/キノコの胞子

クチートを使うにあたって重くなると感じているポケモンであるグライオンスイクンの対策ポケ。いうまでもなく強く、レートでは活躍した。東海シングルフェスタでの選出は0である。標的が出てきた際には襷関係なしに後出ししまくっていた。初手熱湯火傷は運負け。


f:id:sayuki0320:20161107165800g:plain

メタモン(提供:みゅめろさん)

持ち物:拘りスカーフ

性格:※

特性:変わり者

実数値:155-※-※-※-※-※(D>B、目覚めるパワー氷個体)

技:変身

クレセリアを無理矢理突破してくるガルーラや、相手のエースポケモンに対して繰り出していた。正直使いたかったから使っていたがおそらくゲンガーやファイアローのほうがパーティ的に良かった。しかし活躍するときは本当に活躍し、3縦することも少なくはなかった。かわいく、使っていて楽しいので次世代でも使ってあげたいポケモン



選出パターン

①ポリクチ+1
困ったら基本選出であるクレセを。カバルドンがいればガブリアススイクングライオンがいればキノガッサという風に選出していた。



②クチクレセメタモン
クチートがトリル下でなくとも活躍できそうならこの選出。この選出をするときだけ毎回クレセリアに毒毒が欲しくなった。



③ポリ2+2
クチートが刺さっていない時の選出。ポリ2の選出理由は信頼。



基本的には①が7割程度、②が2割程度、③が1割程度という割合でした。





東海シングルフェスタでの結果は3-2で予選落ちという結果になりました。
技外し(クチートストーンエッジ4連続外しなど)等もありましたが、自らの実力不足だと認め経験を次世代に活かしていきたいと思っています。

記憶喪失(8/3、当ブログ過去記事参照)から色々とありましたが、今回のオフ参加を含め多くの人々に多くの面で助けていただいたり、楽しみあえたりしてとても感慨深いポケモンORAS生活でした。これで終わりのように書いていますが、sameオフ(http://tsurizao-off.hatenablog.com/entry/2016/11/07/171214)参加の可能性もまだ大いにあるので参加予定の人はよろしくお願いします!



7世代でも何卒よろしくお願いします。