沼の境地

主にポケモン関連の事を記事にする予定です。特に決まった趣旨はないので趣味の範疇でやってるものと理解してください。

幼馴染が好きな相手が自分の後輩で3次元だった件【後編】

 

何故か続編希望があったので後編です。

前編を読んでない人は必ずそちらを閲覧してからこちらをお読みください。

 

前編↓

 

http://sayuki0320.hatenablog.jp/entry/2018/01/05/221356

 

 

 

 

咲雪

「いないみたいだぞ、良かったな」

 

 

幼馴染

「何が良いんだよぶっ殺すぞ」

 

 

 

私は困惑した。何故幼馴染は怒っているのだろうか。ただの冗談だというのに嫉妬でもしたのだろうか、可愛いなぁ//

 

 

 

 

…とか思っていた私は実に間抜けであったであろう。目の前には真面目に好きな子が私の事を好きであり、その私がそれを知った上でふざけていると思っているブチ切れ幼馴染さんがいるのである。本当に間抜けである。鈍感主人公並に第三者からすればイラつく存在である。

 

 

 

 

 

 

咲雪

「何怒ってんの???」

 

 

幼馴染

「何ってお前……恋子はお前が好きって言ってるんだぞ!!?お前はなんとも思わないのかよ!!!っていうかお前彼女いるだろうが!!!!」

 

 

咲雪

「あ、恋子に彼女いるって言うの忘れてたわ。」

 

 

 

 

初恋がこんな間抜けでポケモンオタクでロリコンな幼馴染のせいで終わろうとしている彼は、相当ヒートアップしていた。

 

 

が、私は炬燵で頭がボーッとしていたこともあり朝から元気だなこいつ…と思っていた。

 

 

 

 

 

 

その後なんだかんだで幼馴染にあれは恋子なりのおふざけであること。恋子は普段はあんな感じの子であること。面白そうだから恋子には彼女がいることは黙っておくことを説明した。

 

 

 

以降、面白そうって思ったことは大体面白くなくなると思ってたけれど面白くなる(?)こともあるのだと知るお話。

 

 

 

 

咲雪

「面倒だしさっさと告白しろ。俺もある程度付き添うから。」

 

 

 

幼馴染

「…付き添えよ?絶対だぞ?」

 

 

 

 

…いいのかそれで()

 

 

 

 

と、いうわけで

LINE→恋子→咲雪「実は俺、幼馴染と友達なんだけどお前共通の知り合いっぽいし暇なら付き合え。」

 

 

 

翌日恋子を咲雪家に呼び出した。

 

 

予定も覚えてない癖にスケジュール帳も見ず呼び出したのである。

 

 

 

 

翌日は彼女とのデート日であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝

 

 

LINE

彼女

「今日は咲くんの家に昼過ぎ頃に行きますね!」

 

 

………?

 

 

 

「キョウハサキクンノイエニヒルゴロスギニイキマスネ?」

 

 

 

Oh………

 

 

まぁ、いいか!彼女と幼馴染はさておきほぼ全員知り合いだしな!(彼女と恋子は高校時、同部活)

 

 

咲雪

「おk」

 

 

 

そして昼に赤いきつねを食べ終わりだらだらと自室でエロゲをしていると1人目が来た。

 

 

 

 

幼馴染

「緊張して早めに来ちゃったわw」

 

 

咲雪

「ノックしてから入れ。エロゲの世界観をぶち壊すつもりか。」

 

 

 

そして幼馴染に彼女が来る事を説明したところ

 

 

 

幼馴染

「俺が告白するタイミングは!!?!?」

 

 

当然の反応である。

 

 

咲雪

「まぁ、ダブルデートっぽくていいんじゃね。俺の部屋だけど。」

 

 

バカの発想である。

 

 

 

 

 

等と話していると2人目がきた。

 

 

 

否、何故か少し不機嫌そうな2人目と3人目である。

 

 

 

彼女

「お邪魔します、咲くん」

 

 

咲雪

「ん、今日はおまけが2つほどついててすまんな。パーティゲームするには便利だから許してくれ。」

 

 

彼女

「………」

 

 

 

この時、私は恐怖した。

親に怒られたり、課題をしていないのに教師に課題内容部分で当てられたりする様な恐怖ではない。

 

単純な、本当に単純な恐怖である。歳下の彼女に無言でここまでの恐怖を与えられるとは今まで考えたことがなかった。私は、将来こうやっていざという時は尻に敷かれていくんだな、と悟りながらまだ暖房をつけて時間の経っていない寒い部屋でびっしょりと背中に冷や汗を流した。

 

…が、恐怖はここで終わらない。

 

 

 

恋子

「先輩、彼女いたんですね。まさか彼女ちゃんだとは思いませんでしたけど。」

 

 

咲雪

「お、おう…」

 

 

 

恋子の少し低い声。普段から誰にでも優しく、明るく接してくれていたあの子がこんな声を出すとは。

 

 

あまりの2つの恐怖に涙を流すかと思ったが、意外にも本当に恐怖を感じた人間は涙を流さないらしい。身体がふるふると震え、上手く立てているかも怪しく感じながら震えた声を出すのが精一杯になる程度であった。

 

 

 

 

私は、二人のたった一言を聞いただけでここまで後悔するとは思わなかった。…が、やはり馬鹿なので思ってしまったのである。

 

 

 

 

(恋に飢える)獣はいても(この場における)除け者はいない(し出させない)

 

 

 

幼馴染へ、助けて。一緒にたーのしー!……しよ?

 

 

 

 

震える身体でアイコンタクトを必死に送る。

 

 

 

 

幼馴染

「恋子、咲雪に送ったあのLINEなんだけど咲雪はいつもの冗談だと思ってたみたいだぞ?」

 

 

 

 

 

火に油を注がれた。

 

 

 

既にフリーザ編のベジータみたいな私に対し、幼馴染はなんとゴールデンフリーザ(要するに超ヤベー奴)をぶつけてこようとしたのだ。

 

 

 

 

恋子

「私が冗談でも誰かの事を好きだというアピールを軽々とすると思いますか?」

 

 

 

 

咲雪

「うん😊」

 

 

 

 

しばかれた。いたい。

 

 

 

 

 

彼女

「咲くんのモテ期は高校時代だったんですからその頃の後輩ならこうなると察してください」

 

 

 

無茶を言うな。

 

 

 

幼馴染

「…このタイミングで言うのもなんだけど、恋子ちゃんは俺のことどう思ってるの?」

 

 

 

本当にどのタイミングで言ってるんだよ。全員集まってからまだ10分くらいだぞ。早漏かよ。

 

 

 

恋子

「好きですよ?たまにスイーツとか奢ってくれますし笑」

 

 

 

 

ほぼATMじゃねえか………

 

 

 

 

 

幼馴染

「そ、そっか…ハハッ↑↑……はぁ」

 

 

 

 

 

 

なんか途中ミッキーみたいな声出てんじゃねえか。夢の国に逃げるなよ。

 

 

 

全員が落ち着いた後

 

つまり、

 

咲雪→彼女と恋子に怯えてなんか筋肉が痛い

幼馴染→クッコロ(くっ、殺せ!)さんみたいな顔で咲雪さん見てくる。可愛いなぁ…

彼女→なんでこの状況下で私の膝に座れるんですか

恋子→まったく、まったくもう!どころじゃないオーラ出してる

 

という状況になった後

 

 

恋子

「幼馴染さんは私が好きなんですね?」

 

 

幼馴染

「………はい」

 

 

 

恋子

「じゃあこれからもスイーツ奢ってください。私彼氏いますけど。」

 

 

………は?

 

 

……………なんで私しばかれt

 

 

彼女

「なんで咲くんしばいたの!!?」

 

 

いいぞよく言った彼女よ。

 

 

 

恋子

「………ちょっと今は言えない。」

 

 

彼女は恋子に掴みかかろうとしたが、丁度膝元にいたのでそのまま取り押さえた。

 

 

 

平和主義者の私かっけぇ……

 

 

 

その後、よくわからないが少なくとも良いとは言えない雰囲気の中人生ゲームを終え(むしろ何故行えたのか疑問である)、幼馴染がバイトの為先に帰宅した。

 

 

 

 

 

咲雪

「で、なんで俺しばかれたの…」

 

 

 

恋子

「実は彼氏いませんし、咲雪さんうちの部長…及びあなたの元カノに優しくしているのを見てから狙ってたので」

 

 

 

咲雪・彼女

「浮気されてたけどな(ましたけどね)」

 

 女の子って女の子に接する男の態度を常に見てるんですね。勉強になりました。

 

 

 

この日の晩、恋子は第二候補の男の子に告白し無事付き合えたらしい。第二候補ってなんだよ。

 

 

 

幼馴染は次の日バイトを辞めた。

 

 

 

私は彼女と幼馴染に奢ってもらうはずだった焼肉を奢る側に回ってしまった。

 

 

 

 

 

 

以上です。クソどうでもいい話ですし、拙い文で読みづらい部分は多々あったと思いますがここまで読んで下さり本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 サムネ用↓

f:id:sayuki0320:20180106000609j:image

 

 

 

 

 

 

 

幼馴染が好きな相手が自分の後輩で3次元だった件【前編】

 

 

 

現在(2018/01/05)から1週間程前こんなLINEが届いた。

 

 

幼馴染(♂)

「好きな子が出来たんだけどお前彼女いたよな?告白とか色々分かんないから相談させてくれ!!寿司でも肉でも奢るから!!」

 

 

 

ほぅ。童貞=年齢の貴様がようやく「恋」

を知ったか。否、今まで好きな人は出来たが告白をしようという勇気が出せなかったのが成人式が近づきようやく殻を破れたのか。

 

 

そう思いながら肉の為に相談に乗ることにした。なにより幼馴染の力になってあげたいと思ったし、肉は食べたいし、それに肉が食べたい。ご存知の通り、人の金で食う肉は格別なのだ。

 

咲雪

「幼馴染の為なら仕方ないな、何でも聞いてくれ(´ー`*)ウンウン(なんでクリスマス前に相談しないんだよ馬鹿か)」

 

 

この時の私はこんな馬鹿みたいな上から目線でドヤ顔していたのだ。これからゲームの後日編ドラマCDみたいな展開になるとも知らずに。

 

 

その後、相談に乗るために情報が必要だろうということでプライベートにあまり踏み込まないレベルで好きな子のことや、現在の状況、好きになった経緯等を送ってくれた。こちらから聞かずとも勝手に話してくれるとは、流石私の幼馴染だ。私が惚れてしまう。

 

 

 

 

大体の分かった情報は以下である。

(以下、幼馴染の好きな子は恋子と表記)

 

恋子は同じバイト先の子で半年程一緒に働いている。

 

シフトが週に半分以上被り、かなり気が合う様になった。

 

 

 

恋子は、相手に気が使うことが上手でとてもポジティブ。なにより気を許してる相手には「まったく、まったくもう!」と怒る時が可愛らしい。

 

 

 

(……ん?

 

 

「まったく、まったくもう!」……?

 

 

なんだこのオタクが好きそうな言葉の使い方は……キッッッッッッツ)

 

 

…と、思ったがこの言葉は私の昔からの口癖である。当然、その事は幼馴染も知っている訳なのでもしや幼馴染は私が好き!!!?!?!?

 

 

 

と思ったら大体まぁ、そうですよねって展開だった。

 

 

恋子は、私が通っていた高校と同じ高校に通っており当然知り合いの後輩であった。

 

 

 

その事を幼馴染に話すと何故か歓喜されたが、ラノベ的にはテンプレの展開である。

 

 

 

2日前

自宅炬燵にて

 

幼馴染

「恋子に好きな人がいるか探ってくれ」

 

咲雪

「家に来て一言目がそれかてめー。いいよ💕」

 

 

LINE→恋子→咲雪「お前彼氏いる?」

 

 

 

 

 

この間15秒程度である。

 

 

 

 

 

咲雪と恋子は週に数回ではあるがLINEチャットを送り合う仲である。特に躊躇いもなく送れるのは必然である。

 

 

その画面を幼馴染に見せる。怒られた。

 

 

 

 

なんでや………………すぐ分かってええやんけ………………………

 

 

 

 

 

10分後、珍しく早く返信が来た。

 

 

恋子

「先輩とならこれからなってあげてもいいですよっ💕」

 

 

 

私は即座に理解した。いつもの冗談だと思われていると。

 

 

 

 

 

幼馴染は即座に判断した。恋子は咲雪に気があるのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼肉が遠のいた瞬間である。

 

間違えた。

修羅場の始まりである。

 

 

 

ここから盛り上がると思いきや、書くの疲れたので後半に続きます。後半の有無は誰か一人でも続きかけという要望があればになります。文章が拙いのは許してください。ここまでお読みくださりありがとうございました。

 

後編書きました

http://sayuki0320.hatenablog.jp/entry/2018/01/06/000455

 

 

 

 サムネ用↓

f:id:sayuki0320:20180105221503j:image

 

 

 

 

 

 

 

昨日ブログの閲覧数が半分程度だった件について

 

 

クリスマスだから綺麗なものを見に行きたいとか美味しいものを食べに行きたいとかは分かります。

 

f:id:sayuki0320:20171226083904j:image

 

とか

 

f:id:sayuki0320:20171226084018j:image

 

とかまぁ、私もしてましたし。

 

 

ただひとつ言えることは

 

 

f:id:sayuki0320:20171226084042j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも許せねえ!!!!!!!!!!!!!(バイト12時間してた顔) 

マイナー使いが好きそうなイーブイバトン

 

試験勉強をサボってイーブイバトンの開拓をしようとした結果。クソ雑魚そう。

 

f:id:sayuki0320:20171208203833j:image

 

 TN つみきねこ を つきみねこって読む人多過ぎてキレました

 

 

ヤミカラス@輝石

f:id:sayuki0320:20171208124451p:image

 

追い風/挑発/黒い眼差し/黒い霧

 

基本的にこいつを出したい。テテフや悪タイプ、格闘タイプには出せない。

 

トリトドン

f:id:sayuki0320:20171208124939p:image

 

欠伸/置き土産/まとわりつく(通せん坊)/クリアスモッグ

 

バシャーモルカリオなどの格闘入や受けルに出す。欠伸で適当に流しながらまとわりつく(通せん坊)→欠伸→置き土産のコンボを決める。グライオンには倒されるまで欠伸で粘ってイーブイがギロチンを躱すのを祈る。身代わり持ちは諦める枠。

 

 ワタッコ@襷

f:id:sayuki0320:20171208125056p:image

 

追い風/置き土産/悩みの種/アンコール

 

なんかめっちゃ強そう。思いついた時ヤミカラス要らなくね?ってなったけどワタッコワタッコよりsの速い積み技、挑発、あと滅ゲン、吠える持ちに弱いのでやっぱり必要って枠。要するにエルフーンの劣化。

 

イーブイ@イーブイz

f:id:sayuki0320:20171208125546p:image

 

とっておき/アシパ/身代わり/バトン

 

いつもの。

 

 

ネイティオ@混乱実

f:id:sayuki0320:20171208125707p:image

 

アシパ/ミラクルアイ(マジシャ/草結び)/身代わり/羽休め

 

吹き飛ばし対策。

 

シンボラー@火炎玉

f:id:sayuki0320:20171208125630p:image

 

アシパ/ミラクルアイ/サイコシフト/羽休め

 

呪い対策。

 

 

 試験勉強頑張ります。

 

 

 

 

 

【ポケモンSM】咲雪式ポケモン総括

 

【前語り】

はじめましての方ははじめまして。そうでない方はちゃろー!咲雪という者です。本記事ではORAS環境ではレート2000に1度も辿り着けなかった私が、SM環境(s1~s6)の全てのシーズンにてイーブイバトンで最高レート2000超えを達成する事が出来たので嬉しさのあまり書いてしまった咲雪発案ポケモン記録用記事です。USMでイーブイバトンを使う予定の方に限らず、多くの方々に見ていただけると嬉しいと思います。

 

まぁ、いわゆるロリコンレヒレとかABミミッキュとかあるじゃないですか。そういうのを私も語りたいなって……やつです。

 

f:id:sayuki0320:20171110213109j:image

 

【各最高レート】

s1…2002

s2…2059

s3…2005

s4…2006

s5…2013

s6…2020

 

【各シーズン咲雪式ポケモン

 困ったら全部ねこって付けることにしました。

 

s1

貧乳レヒレ

f:id:sayuki0320:20171110214030p:image

 光の粘土

リフレク/光壁/挑発/ムンフォ

 

当時は評判が低かったですが、今では環境トップメタのポケモンです。s1での壁役と言えばコケコに集中していたのでコケコレヒレイーブイと並べるとほぼ確定で初手にマンムーガブリアス、ガラガラRが来て起点を容易に作れてしまうという天才ポケモンでした。

 

…と、自分で発案したかのように言ってますがヒントはffの貧乳のjkのツイートから頂いたので「貧乳レヒレ」と名付けることにしました。

 

 

s2

ねこムウマ

f:id:sayuki0320:20171110215248j:image

進化の輝石

滅び/トリル/挑発/置き土産

 

今考えると意味不明のムウマ。これでSM最高レートを取ったので余計に意味が分からなかったです。とりあえず、滅びの歌による自主退場という新たな起点作りの兆しを作ったことに変わりはないポケモンでした。

 

ねこゴチル

 f:id:sayuki0320:20171110215629j:image

メンハ

甘える/光壁/トリル/挑発 

 

バンク解禁により流行ったバシャーモをメタった起点作り。初手の身代わりのないマンダなどもよく起点にしていた。そもそも起点作りと読まれることがなかったまでありました。可愛ければ完璧でしたね…。

 

 

s3~s6

ニャクシー

f:id:sayuki0320:20171110215930j:image

メンハ

リフレク/欠伸/神秘の守り/置き土産

 

エルフーンと組ませる事により絶大な幅のポケモンを起点にすることが出来る最強ポケモン。このポケモンを考察できたからこそのSMで結果を出し続けることが出来たといったも過言ではないです。今ではイーブイバトンのテンプレポケモンとしても知られる程となったので個人的にとてもこの呼び名が流行って欲しい…欲しかった……()ポケモンです。

 

s5

ねこココロモリ

f:id:sayuki0320:20171110220250p:image

 拘り鉢巻

リフレク/追い風/挑発/トリック

 

s3.s4にポリゴン2を入れていた枠に入れてみた起点作りポケモン。終盤の数度しか選出はしていませんが役割対象にはしっかりと仕事をしてくれたいい子でした。しかし、本当に選出する機会がなかっのでs6には解雇することになりました。

 

 

s6

 ねこボラー

f:id:sayuki0320:20171110220604j:image

火炎玉

アシパ/ミラクルアイ/サイコシフト/羽休め

 

シンボラーを採用し始めた時に丁度あのカイリキー使いで有名な変態実況者であるランドセルさんがイーブイバトンの動画を投稿されたのですが、ほとんど同じ型でありこのシンボラーで結果を残してもパクリだのなんだの言われそうだったのでマイナー技で読まれにくく、しかも可能性の塊であるミラクルアイを採用しました。結論としてはクソ強かったです。

 

【後語り】

思っていたより変なポケモン使ってたなぁ…と思いつつユクシーだけはやっぱり最高の相棒だったと感じつつ記事を書いていました。とりあえずこれからはニャクシーだけでも浸透して欲しいです。ここまでお読みくださりありがとうございました、この名前の方がいいんじゃない?等のコメントはばんばん欲しかったりします。

 

と、いうわけでSMお疲れ様でした!USMでまた会いましょう!それでは。

 

 

 

 

 

 

【ポケモンSMシングル】s6使用構築「総括イーブイ」【最高2020】

【前語り】

今期はもうSMにおいての最終シーズンということで最終レートに拘らず最終日の限界まで潜り続けてました。今回の結果は最高2020ということでSMのs1~s6の全てのシーズンにおいてイーブイバトンで最高2000以上を達成出来ました!本当に嬉しいです!…けどまぁ、流石に飽きもしますし学校の方もしばらく忙しくなってくるのでUSMからはイーブイに縛られずのんびりとやっていこうと思います。

最高:2020

最終:18××

 

【構築経緯】

 

f:id:sayuki0320:20171110034947p:image

 

Twitterにてピクシーとシンボラーどっちが強いか争ってたから両方使ってみた結果こうなりました。

 

 

【個体紹介】

 

イーブイイーブイZ

 f:id:sayuki0320:20171110035412j:image

性格:臆病

特性 : 危険予知

技:とっておき/身代わり/バトンタッチ/アシストパワー

実数値:153 - ※ ‐ 71 ‐ 76 ‐ 86 ‐ 115

 

s2からずっと使ってきた相棒。色違いで愛着がありましたが、急所引きすぎていたので♀で厳選するべきだったとたまに思いました。

 

 

ユクシー@メンタルハーブ

 f:id:sayuki0320:20171110091056j:image

性格:臆病

特性 : 浮遊

技:リフレクター/神秘の守り/欠伸/置き土産

実数値:182 - ※ ‐ 150 ‐ ※ - 151 ‐ 161

 

シャーレさんに負けたことがないメロンパンです。s3に人様から貸していただいたものなのですが、そのまま使い続けました。

 

 

エーフィ@バンジのみ

 f:id:sayuki0320:20171110175148j:image

性格:臆病

特性:マジックミラー

技:アシストパワー/草結び/瞑想/朝の日差し

実数値:171 - ※ ‐ 104 ‐ 156 - 116 ‐ 147

 

カバルドンを吹き飛ばし返す鏡。最近寒くなってきたのでよく凍りました。

 

エルフーン@気合の襷

性格:臆病

 f:id:sayuki0320:20171110175214j:image

特性:悪戯心

技:アンコール/挑発/置き土産/追い風

実数値:167 - ※ ‐ 109 ‐ ※ ‐ 95 ‐ 181

 

今期からネカマに色違いを頂いたので黒くなりました。基本的に出せたら運負け以外勝ちみたいな風潮がありました。

 

ピクシー@ウイのみ

 f:id:sayuki0320:20171110175323j:image

性格:図太い

特性:マジックガード

技:アシストパワー/ムーンフォース/火炎放射/月の光

実数値:202 - ※ ‐ 111 ‐ 116 ‐ 112‐ 103

 

こいつも最近寒くなってきたのでよく凍りました。主に絶対零度で。

 

 

はい、ここまでのポケモンは、これまでの記事で簡単に載せていたのでほぽコピペです。詳しい立ち回りや選出は過去の記事に書いてあるのでそちらを読んでくださると幸いです。

 

…というのもコピペです。s3以降ラスト1枠ころころ変えてただけなので許して下さい。

 

 

立ち回り、選出

http://sayuki0320.hatenablog.jp/entry/2017/07/15/221829

 

シンボラー@火炎玉

 

f:id:sayuki0320:20171110175742j:image

 

性格:臆病
特性:マジックガード
技:アシストパワー/ミラクルアイ/サイコシフト/羽休め
実数値:179 - ※ ‐ 116 ‐ 123 ‐ 100 ‐ 147

 

ピクシーとの選出区別ありますか?ってよく聞かれましたがなんとなく使い分けれたら強かったのでそんな感じです。特にグロスに強いのは偉かったです。

 

【後語り】

今期は19台までは相変わらずすぐ行けましたが、詰まることが多かったです。なにはともあれ最高レート2000超えを全シーズンで達成することが出来て本当に嬉しいです。質問等あれば@sayuki0320まで。サンムーン環境お疲れ様でした、USMでまた会いましょう!

 

【おまけ】

咲雪式ポケモン総括

http://sayuki0320.hatenablog.jp/entry/2017/11/10/221304

 

 あと明日大会開くので良ければ参加してください!

https://twitter.com/sayuki0320/status/925697345232048129

 

【単体考察】マッチョミミッキュ

 

【前語り】

初めてましての方は初めまして。咲雪と申します。

 

s5以降流行りを見せているABミミッキュですが、今期に同じく流行りを見せているバシャーモや「メタグロス」に対面から勝ちたくこのポケモンを考案しました。焼けたり、怯まなければ強かったですが、3回に1度は燃えたり怯んでた気がします。許せねぇ…

 

 

【調整案】

 

ミミッキュ@ゴーストz

 

f:id:sayuki0320:20171105115312p:image

 

シャドクロ/じゃれ/影打ち/†ビルドアップ†

 

HBは流行りのABミミッキュのまま、Sを準速ガッサ抜きにしました。基本的に皮が残っている状態でビルドを積むのが流れなのでAを削りSに割きました。

 

A…余り

183-171グロスを1↑シャドクロzで確定 

155-100バシャを1↑シャドクロzで確定(フレドラの反動込みで積まずとも勝てますがオススメはしません)

183-115ガブを1↑じゃれで81.2%の乱数

 

とにかく積む前に火力がないので積む事が前提です

 

HB…ABミミッキュと同調整

1↑でA197グロスのアイへ確定耐え

A197メガマンダ捨て身93.7%で耐え

(その他の耐久についてはABミミッキュの元記事の方に詳細があるのでそちらをご閲覧下さい。コピペはまぁ…許可もらってないので云々)

 

 

HD…なんか色々耐える

C200テテフフィールド補正サイキネ確定耐え

 

【後語り】

絶妙に強かったですけどメガグロスに怯まないで勝つという条件付きだったので安定はしませんでした。運勝ち作成マシーン滅びて欲しいですね…ただ、ABミミッキュとしての強さはある程度保ったまま、強気に選出出来る場面が多かったのは良かったです。